見積共有管理

Webブラウザで見積書の作成、承認、印刷、そして会社の見積書共有まで実現し、営業活動の効率化と顧客対応スピードの向上を図ります。
見積フォームもユーザー企業で自由に設定可能です。

見積書 分析について

見積書の作成過程の中に受注確度(この見積提出先の案件を獲得出来そうか否か)と受注・売上予定日の入力欄があります。
そこを記入することで、受注見込表が自動的に作成されます。
どの担当者がどれくらいの案件を抱えているのか、放置見積はないかが一目で把握できるので、受注プロセスの改善を図れます。


先行管理

登録された見積書から受注および売上げ見込み金額を一覧表示させる機能です。
見積書を元とした受注日/売上日ベースの見込管理が可能です。


見積分析


SFAとのシームレスな連携

SFA「Sales Force Assistant」シリーズと連携時、見積書作成時に顧客と案件情報が選択されていると見積書保存後に商談情報に「受注確度」「受注予定日」「見積明細行」などが転記されます。 それにより見積をベースとした受注・売上見込管理表作成が実現されます。
SFA「Sales Force Assistant」シリーズを導入且つ、案件管理との連携をされている場合


参考見積

1案件に対して複数の見積書を提示する際、先行管理の集計には含めたくない場合は参考見積のチェックをつけることで集計対象から外すことも可能です。

製品比較