見積共有管理

Webブラウザで見積書の作成、承認、印刷、そして会社の見積書共有まで実現し、営業活動の効率化と顧客対応スピードの向上を図ります。
見積フォームもユーザー企業で自由に設定可能です。

SFA連携について


SFA連携では、見積書の提出履歴と変更履歴が参照できます。
いつ、どこにどのような見積書が提出されたのかが分かり、営業担当者が不在であっても顧客からの問い合わせに答えることができるので、対応の遅れやミスを防げ、顧客対応力の向上を図れます。


SFAとのシームレスな連携

「Sales Force Assistant」シリーズと連携している場合、見積書の保存を行った際に、引き続き当該顧客(又は案件)の商談情報の入力を行うことができます。
商談情報「面談者」項目は、見積書の「顧客担当者名」項目に入力されたものが自動的にセットされ、案件情報の「金額・利益」は、商談情報登録時に案件情報項目の「受注金額」「受注利益」項目に入力されたものが自動的にセットされます。
また、商談情報を登録すると、見積書のリンクが自動作成されます。自動作成されることで、顧客毎や案件毎に商談履歴の中で見積書を確認できるので見積提出時のニュアンスも併せて共有できます。
「Sales Force Assistant」シリーズを導入且つ、案件管理との連携をされている場合


製品比較