マーケティング・オートメーション
~リード管理・見込客管理・メール配信~

顧客(引合先・見込先)の情報を蓄積する「ダム」を作って営業活動に善循環と勢いを生み出す、 見込客発掘・育成支援システムです。


SFA連携

SFA連携

SFA(Sales Force Assistantシリーズ)と連携し「引合情報」とSFA側の「案件情報」を連携管理することができます。
商談情報とマーケティングデータを同期することにより、
マーケティングからセールスまで一気通貫した分析やリスト抽出がリアルタイムで実現できます。
また休眠顧客や失注案件を再度ダムに投入し、そこからリードの掘り起しをするなど、
マーケティングで保持していないデータを使った効果的なマーケティング施策の実行と検証を可能にし、
マーケティングとセールス部門でのスムーズなデータ共有・活用を支援します。



SFA案件情報との連携

引合情報と案件情報(※)を関連付けることにより、ある引合 A が最終的にどうなったのか、
受注したのか失注したのか等引合創出活動がどれだけの成果に結び付いたのかが見えるようになります。
(※)Sales Force Assistant顧客創造、顧客創造(深耕)R、深耕創造を導入している場合のみ

引合と案件の自動連携

引合と案件を自動で連携させる条件を設定できます。
引合が発生したり特定の進捗度にチェックが入った日(起点)から、
指定した一定の期間内に発生もしくは受注した、同一顧客の案件を自動的に元の引合と結び付ける機能です。
これにより引合と案件の連携モレをなくし、マーケティングプロセスからセールスプロセスまで通したマネジメントをしやすくします。



「Approach DAM」機能一覧

 

自社のホームページ等の資料請求フォームや問い合せフォームに登録された情報を自動的にメールとしてApproach DAMに取り込みます。

詳しくはこちら

 

引合や見込客、顧客が溜まった「ダム」を滞留しないように撹拌し、見込度を上げていくためにもメール配信機能が役立ちます。

詳しくはこちら

 

ステップメールは、あらかじめ用意された複数の違う内容のメールを、ある時点を起点に、スケジュールに沿って順次配信します。

詳しくはこちら

 

広告出稿やホームページ、展示会、セミナーなど、引合を創出するイベントを登録しておくと、それぞれのイベントごとに引合の進捗度やコスト対効果などの管理、分析が可能になります。

詳しくはこちら

 

アプローチ情報登録時、対応履歴登録時、ターゲット放置時など、予め設定した条件に合致した場合に自動処理を行う機能です。自社のマーケティングシナリオに沿って予め設定することができます。

詳しくはこちら

 

お客様にFAXを一括送信したり、資料請求があったお客様に対して資料を発送したなど、複数のお客様に対して同一のアプローチを行った場合、同一内容を簡単に一括で登録する機能です。

詳しくはこちら

 

見込度が上がり、商談が具体化した引合客のデータをSFA側に転送し、営業担当者に引き継ぐことが可能です。引き継いだ見込客の商談進捗状況をマーケティングフェーズからセールスフェーズまで一元管理できます。

詳しくはこちら