マーケティング・オートメーション
~リード管理・見込客管理・メール配信~

顧客(引合先・見込先)の情報を蓄積する「ダム」を作って営業活動に善循環と勢いを生み出す、 見込客発掘・育成支援システムです。

マーケティング・オートメーションとは

見込客を創出し、見込度・信頼度を高める最適なアクションを自動化することで見込客のダムを大きくし、セールスプロセスに確度の高いダムを引き渡す仕組みであり、各マーケティング活動の効果測定を実現する可視化経営システムのサブシステムです。
「メール配信」「WEBフォーム取込」「セミナー管理」「イベント管理」「TELコール管理」などの『リード管理』から『リード育成』のための「ステップメール」「アクションルール」「SFA連携」などの機能で構成されます。
案件化率、受注率などのマーケティング効果も見える化されますので、「マーケティングシナリオ」の仮説検証、PDCAにも有効です。



「Approach DAM」で実現できること

マーケティング・オートメション「Approach DAM」をあらゆる企業で使っていただけるよう、さまざまな機能をご用意いたしました。
メール取込、メール配信、イベント管理、分析機能まで、「Approach DAM」が提供します。

メール取込
 

見込客を創出し、見込度・信頼度を高める最適なアクションを自動化することで見込客のダムを大きくします。
「Approach DAM」は営業活動とマーケティング活動の両方の切り口で見込客管理をします。また、見込客の情報に加え、WEB申込・展示会やセミナーの参加などの行動履歴を時系列に記録します。

メール取込
 

営業部門は「マーケのリードは質が悪い」と不満を持ち、マーケティング部門は「営業は自分たちが苦労して獲得したリードをフォローしない」と不平を漏らす・・。
このような部署間の衝突は各企業で多く見られてきました。この「マーケティングと営業の連携」の解決策が、マーケティング・オートメーション「Approach DAM」です。
見込客へ育てあげ、良質なリードを営業に渡すことができます。

メール取込
 

潜在顧客の行動履歴で「興味・関心」を読み、メールマーケティングで見込顧客を育成するアクションを作り出します。数多く記録された見込客の購買行動履歴から売上につながる重要な行動を自動で抽出します。
「マーケティングシナリオ」の仮説検証、PDCAにも有効です。

「Approach DAM」の活用例

マーケティング・オートメション「Approach DAM」の活用例を紹介します

ダム顧客から営業案件を探したい

新規顧客開拓と並ぶ営業課題が自社の休眠顧客の開拓です。休眠顧客のアプローチはやみくもに行えば、顧客に煙たがられ、連絡を取り次いでもらえませんが、一度はコンタクトした先であり先方の情報もつかんでいるのでアプローチしやすい先であるとも言えます。
あなたの営業活動を快く受け入れてくれる購買意欲が高い休眠顧客を、「Approach DAM」を活用して適切かつ効率よく探し出す活用事例があります。

売上につながるメール配信をしたい

「Approach DAM」のメール配信は、ピンポイントかつ適切なフォローアップを実行して売上アップにつなげます。
メール配信とリード管理を組合せて、メール配信から興味・関心の高い見込客を探し出し、適切なフォローを実施して売上につながる見込客を見つけます。
貯まった「ダム」を撹拌し、見込育成、ニーズ喚起する活用事例があります。

活動の費用対効果の算出をしたい

マーケティング活動をあらゆる面から分析して「見える化」することで、コストの低減を図ると同時に、売上アップにつながる効果的な活動への集中を手助けします。 「Approach DAM」は運用の手間を減らすだけでなく、売上アップにつながるためのさまざまな仕組みを提供します。
マーケティングコストの「見える化」事例があります。

「Approach DAM」機能一覧

マーケティング・オートメション「Approach DAM」をあらゆる企業で使っていただけるよう、さまざまな機能をご用意いたしました。
メール取込、メール配信、イベント管理、分析機能まで、「Approach DAM」が提供します。

 

自社のホームページ等の資料請求フォームや問い合せフォームに登録された情報を自動的にメールとしてApproach DAMに取り込みます。

詳しくはこちら

 

引合や見込客、顧客が溜まった「ダム」を滞留しないように撹拌し、見込度を上げていくためにもメール配信機能が役立ちます。

詳しくはこちら

 

ステップメールは、あらかじめ用意された複数の違う内容のメールを、ある時点を起点に、スケジュールに沿って順次配信します。

詳しくはこちら

 

広告出稿やホームページ、展示会、セミナーなど、引合を創出するイベントを登録しておくと、それぞれのイベントごとに引合の進捗度やコスト対効果などの管理、分析が可能になります。

詳しくはこちら

 

アプローチ情報登録時、対応履歴登録時、ターゲット放置時など、予め設定した条件に合致した場合に自動処理を行う機能です。自社のマーケティングシナリオに沿って予め設定することができます。

詳しくはこちら

 

お客様にFAXを一括送信したり、資料請求があったお客様に対して資料を発送したなど、複数のお客様に対して同一のアプローチを行った場合、同一内容を簡単に一括で登録する機能です。

詳しくはこちら

 

見込度が上がり、商談が具体化した引合客のデータをSFA側に転送し、営業担当者に引き継ぐことが可能です。引き継いだ見込客の商談進捗状況をマーケティングフェーズからセールスフェーズまで一元管理できます。

詳しくはこちら