Salesforce.com 乗り換え支援サービス

Salesforce.com乗り換え支援サービス

Salesforce.com社のSFA(Sales Cloud)をご利用中の企業様を対象に、
弊社Sales Force Assistantシリーズへの乗り換えを支援いたします。



Salesforce.com様は、グローバルに展開されるクラウドサービスの代表的な企業であり、提供されるサービスも高い評価を得ておられるものですが、利用される企業が多いからか、弊社のSales Force Assistantへの乗り換えを希望されるケースが増えてまいりました。
それによって、弊社における乗り換え支援サービスのノウハウも蓄積され、データ移行ツールなども整備することができましたので、「乗り換え支援サービス」を実施させていただくことといたしました。
Salesforce.com様のサービスをご利用中の企業様は、是非この機会に運用の見直し、弊社への乗り換えをご検討下さい。

Salesforce.com様の提供されるサービスに対して、利用企業様がお感じになるご不満は、弊社でお聞きしている範囲で、大きく5つございます。

以下に、具体的な内容を抜粋してみます。
(あくまでも、弊社が実際にお客様からお聞きした内容であり、現時点でのSalesforce.com様の実態通りであるかは不明です。また、ご利用者様の個人的な感覚も含まれております。弊社への乗り換えをされる方からの声ですので、ネガティブに偏っております。悪しからずご了承下さい。)



ご不満① 設定が難しい

  • 導入前には、自社で簡単に設定できると聞いていたが、やりたいことを実現するには、それなりのプログラミング技術が必要で、専任者を置かないと無理だった。問い合わせたら、地方企業だからかもしれないが、地場のパートナーに話を振られ、結局最初の見積からはかなりコストがかかった。
  • 設定を自分でやろうと思うと想像以上に難しかった。営業マンに頼んだらスルーされた・・・。
  • なんでもできると言われて一度契約したが設定が複雑で、TELサポートだと解決できず、結局運用開始できなかった。
  • 設定するための教育トレーニングも受けたが、それでもなかなか設定が難しい。素人には無理。
  • 日本語のマニュアルがあまり整備されてないようで、非常に困った。
  • ちょっと変えたいなということが自社でできない・・・。
  • マニュアルが英語だった時点で引いた。

ご不満② コストが高い

  • いろいろやろうと思うとエディションを上げなければならず、追加の費用が必要になった。
  • 初期は安いような気がしたが、ランニングで払い続けると結構な額になる。
  • 集計タブを追加する場合、10個以上作ると別途費用がかかるなど追加プランがあるのだが、提案段階では全く聞いておらず、社長が激怒した。

ご不満③ アフターフォローが薄い

  • コミッション営業だからか、契約までは頻繁に連絡があったが、契約後は「釣った魚にエサはやらない」感じがする。
  • ヘルプデスクがWEB経由でしかできず、電話・メールでの即時対応は別途、契約(有償)が必要と言われた。
  • 10アカウント程度の規模の場合、売りっ放しで導入後フォローがないようだ・・・。
  • 問い合わせ対応がメールのみで電話対応不可だったのだが、メールを送っても3営業日くらい回答に時間がかかった。
  • フォローに来てくれと言ったら、数十万円かかると言われた。
  • 提案時点では、SFDC本体の社員とパートナー企業が一緒に来たが、導入後はパートナー企業任せ。それがどうもパートナー資格を持っていると言っても、あまりトレーニングを受けていなくても資格が取れるようで、知識量は乏しかった。

ご不満④ 機能を使いこなせない

  • ダッシュボードが欲しくて導入したが、データ入力がうまく行かず結局使えていない・・・。
  • 企業登録⇒面談者登録の際、面談者に企業のソートがかかっていないため、全登録の中から探さないといけない。
  • フリーフォーマットにファイル共有するシカケが無かった。
  • データダウンロード・アップロードに、専用のツール(別途有償)が必要だった。先に言って欲しかった。
  • 履歴を見る際に表題をクリックして内容を開くので、いちいち見るのが面倒。
  • UIが欧米向けのように感じた。カッコいいが、日本企業にはどうか。横文字が多過ぎて、正直日本人には使いづらい・・・。
  • 作り込めば作り込むほど直観的に操作できなくなり、正直、英語ができないと使えないなと思った。

ご不満⑤ 将来への不安

  • 利用者数が少ない内はクラウドで良かったが、人数が増えたので買取り(オンプレミス)にしようとしたができない。買取り(オンプレミス)がない。
  • かなり作り込んで自社にあった形にはできたが、人数が増えて金額が上がった時に、買取りに移行もできず、データの移行も作り込み過ぎていて、他社への切り替えができないのではないかと心配している。
  • クラウドの代表的なシステムであることは評価できるが、反面クラウドしかないので、何かあった時が心配。
  • 円安ドル高で、将来、日本円での利用料の見直しがあるのではないかが心配。急にドル建てと言われても困るし、かなり円安も進んだので為替変動が気になる。

以上のような声をよくお聞きするのですが、貴社ではいかがでしょうか。
もし、思い当たるところがあると思われたら、この機会に弊社Sales Force Assistantシリーズへの乗り換えをご検討いただき、支援サービスをご利用下さい。

Salesforce.com 乗り換え支援サービス

支援内容

データ移行サービス一式40万円
   ・Salesforce.com側に蓄積されたマスターおよびトランザクションデータを、弊社Sales Force Assistantに移行します。
    該当するマスターおよびデータは、顧客マスター、パーソンマスター、案件マスター、部署マスター、社員マスターなどの
    各種マスターと、商談履歴データ、案件+商談履歴データなどのトランザクションデータとします。
   ※マスター設定、データ移行一式を40万円の特別価格にて承ります。
    但し、Salesforce.com側の設定、運用によっては、データ移行できない場合もございますので、事前に移行可否を診断する調査票に
    お答えいただきます。ご了承下さい。
   ※自社でデータの移行をされる場合には、この費用はかかりません。

NIコンサルティングについて

私どもNIコンサルティングは、1991年に創業し、90年代初頭からSFA(営業支援システム)に関する、コンサルティング、システム開発、運用サポートを行ってきた会社です。
経営コンサルティング会社として、紙の日報の時代から日本企業の営業指導を行い、IT化されたSFAになってからは、4400社を超える企業様で御導入いただいております。
また、長年のSFAの経験から、米国のITワードであるSales Force Automationではなく、真に現場の営業マンを支援する「Sales Force Assistant」を提唱させていただいております。SFAの運用見直しには、是非私どもNIコンサルティングのノウハウをご活用下さい。


サービスについての詳細のお問い合わせは、こちらまで